新聞掲載記事平成27年2月

就職後の新生活について

Q. 私はこの3月で高校を卒業し、ある製造業の会社に就職が決まりました。 今までは両親のもとから通学していましたが、会社の寮に入ることになり、職場での生活や、病気の時のことなど何かと不安で仕方がありません。 新生活にあたりアドバイスをお願いいたします。

新社会人の誕生を祝して5つのことをお話しましょう。

  • 最初に、雇用契約書を確認しましょう
    実際と違っていたり分らないことがあったら会社に確認してください。
  • 就業規則をしっかり読みましょう
    就業規則は会社の憲法です。違反すると解雇されることもありますからよく読んで守ってください。分らないことがあったら自分なりの解釈をしないで、先輩や会社に聞いて正しく理解してください。
  • 健康保険証が交付されたら大切にしましょう
    病気になったとき頼りになるのが保険証です。北海道から沖縄まで日本中どこででも使えます。 会社には入社時と一年一回の健康診断が義務付けられています。必ず健診を受けて必要なら治療を受け元気に働きましょう。
  • 給与明細は捨てないで保存しておきましょう
    あなたが働いた実績は色々な保障を受けるときの参考資料となります。
    給料日によく確認したら後々のために保管しておきましょう。
  • 心配ごとの相談はここ
    仕事というのは、つらく大変なことばかりでもありません。同僚や先輩、上司、取引先の人など多くの知り合いができます。また仕事上の技術や接客術は職業人としてあなたの値打ちを高めます。それでも職場には、解雇、労働条件、いじめ、セクハラ、パワハラなど暗く憂鬱な問題が潜んでいる場合があります。その様な時、無料で相談に乗ってもらえるところがあります。
    ① 総合労働相談所(都道府県社会保険労務士会)
     社労士が、職場で起きた、あらゆる分野でのご相談に応じています。
    ② 社労士会労働紛争解決センター
     解雇、サービス残業など職場のトラブルについて労使双方のお話を伺い円満な解決策を提案します。
    ③ 総合労働相談コーナー(都道府県労働局)
     労働問題に関するあらゆる分野の相談を、電話あるいは面接で受け付けています。

お困りの時はご相談ください。

みくに労務管理事務所 社会保険労務士 峯岸祥子

ページの先頭へ戻る